カテゴリ
全体
スグリ
MoE
ワラゲ講座。
その他

未分類
以前の記事
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ


<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

もうゴールしてもいいよね

今日はヤツデ氏に本を貸しに行くべく約8キロくらいの道のりをランニング。そのまま俺の家で遊ぼうって流れになって結局往復でランニング。久々に超長距離走った気がする。

家では萃夢想とかEFZをあーkな人とネット対戦してた。特にEFZはフルスク固定だから対戦しながらいろいろと話せるのはなかなか役に立った気がする。

特に観鈴を使ったときの盛り上がりがすごい。何がすごいってファイナルメモリー技の母の詩(通称ゴール)の盛り上がりがすごい。
どれくらい盛り上がるかというと
「ゴールで逆転してやるwwwwwwゴール予告wwwwwww!」
「ゲージ足りてないwwwwwwwあと少しwwwwwwwwwww」
「うはwwwwwゲージ溜まったwwwwwwwwゴwwww-wwwルwwwwwwぶっぱwwwwww」
「相手空中wwwwゴール投wげw判w定wwwwwww不発wwwおkkkwwwwwwwwwwwww」
「いや当たったwwwwwwキタコレwwwwwwwww」
「ゴールwwwwwwwwwwwwwwww」
「もうwwwwwwwwゴールしてもwwwwwwwwいいよねwwwwwwwww」
「最後にはどうかwwwwwww幸せなwwwww記ww憶wwをwwwwwwwおkkwwwwwww」

いやここまでは盛り上がってなかったけどな(笑)
[PR]
by ecosmile | 2006-04-30 18:26 | その他

荒ぶる鷹のポーズ!

神様家族は電車内で読むにはちょっとギャグがツボりすぎて危険だ・・・。笑いをこらえて満員電車でカタカタ震えてるのは客観的に見てどうかと思う。

ここ最近読書月刊に入りつつある。春と秋ってのは本を読みたくなる季節だとは思わないかな。思わないね。はいはい。
つーわけで一日1,5~2冊ペースをキープしつつ濫読。ラノベから古典文学まですっげー適当に読んでます。最近のツボは今昔物語集。いや面白いってマジ。

ところで自慢じゃないというのは建前で自慢なんだけど俺金欠って状況になったことがないんだよね。基本的に収入>>支出だから気がつくと金増えてるし、日常生活がドケチさんだから金たまりまくり。昼飯に飲み物買うとかありえない。というか銀行にいくのかったるくて常に部屋に2、30万あるんだけどこれってどろぼーさん来たら結構危険な状況ですよね。一応隠してはあるんだけど。

あとシルト先輩は萌えるよ。ガチで。
[PR]
by ecosmile | 2006-04-28 19:45 | その他

キレてないッスよ

唐突ですが問題です。
昨日俺がメッセで死ねよって言った回数は何回でしょう。

正解は47回でした。(しねーよとかしねよとかしね☆よとかしねよおおおおとか含む)
死ねよ。もうお前等みんな死ねwwwwwwwwwwww。
[PR]
by ecosmile | 2006-04-27 01:06 | その他

もやしうぜぇ。
[PR]
by ecosmile | 2006-04-26 02:05 | その他

そろそろライトのへたれっぷりでデスノートはギャグとしか思えない。(挨拶)

ところで5月8日発売のジャンプ23号早売りによると8月1日に文庫版デスノートが出るらしいですよ。
小説担当はなんと西尾維新。いや、ギャグだよね。これ。どんなデスノートになるんだろうか。ちょっと妄想してみる。


西尾維新版デスノート(妄想)

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」
その道端に落ちていたからついつい興味本位で拾ってしまった黒くて怪しいそのノートを読みながらぼくはこの手のこんだ不幸の手紙だとかそういった時代錯誤なアイテムが最近でも流行っていることに感銘を覚えつつもそういうものはいつの時代もなくならないんだと一人確信を得てこれからの日本について考えていたわけでもなくく何を考えていたわけでもなかったのだが、ただ単に少しだけ興味を持ってしまった、それだけの失敗。

5日目
家に帰り、部屋に入る。そのままの動作で後ろ手にドアに鍵をかける。
これで5日目。ぼくはこの5日間の間に起こった出来事を思い出しながらテレビのスイッチを入れてこの鬱蒼とした気分の元凶である忌々しいノートを取り出しして一人笑みを浮かべる。こんな姿を誰かに見られたらと思うと死にたくなってくるのではあるが―

「気に入っているようだな」

―瞬間、
     背筋が、
          凍った。
なんだ。何が起こってるんだ。どうなってるんだ。今喋ったのは誰だ。ぼくは混乱はしていたはずなのだが何故だろうか、自分でもわからないが「あいつ」が今この瞬間に訪れることを10年前から知っていたかのように客観視しているような自分がいたことに疑問をもちつつも後ろを振り返った、はずであった、の、だが、


――M字ハゲが  そこにいた


「う、うわっ・・・っ」
断じて言わせてもらうがぼくはあいつにびびったわけではない。ハゲに驚いたのだ。黒くて背が高くてよくわからないM字ハゲは喋る
「なんでそんなに驚くんだよっ!ちょっと傷ついたよっ!そのノートの落とし主の死神だよっ!さっきの様子だともうそれが普通のノートなんじゃないかってわかってるんでしょっ?『全校生徒で鬼退治、ただし夏真っ盛り』みたいなっ!」
「・・・・・・」
「あ、自己紹介がまだだったね、死神のリューク、4649ヨロシクゥ!」
「・・・・・・・・・・・・・」

痛い死神と出会ってしまった。
それがぼくのリュークに対する第一印象だった。
(続く)


いや、最後のは冗談だけどさ。いいじゃん、クビシメ好きなんだよ俺。特に巫女子ちゃん好き。
なんか西尾維新がデスノ書いたらこうノートを手に入れてから句読点なしの主人公の独白で100ページくらい使った挙句にロリなヒロインが大量に出てきて主人公に迫ったりしつつも主人公は妹一直線で突っ走って最後にはノートは妄想オチで終わりそうだよね。うん。そんなライトは嫌だ。
いやとりあえずなんにしても面白そうだから購入決定だな。西尾維新のデスノート。
[PR]
by ecosmile | 2006-04-24 20:11 | その他

リバサで投げ捨てろ!

さて、昼飯がカレー記録がついに一週間を超えてしまった。何これ。カレーラヴ?
安いからなんだけどさ。

いろんなゲームの話。
 二つのゲームがあって全体に良質だけどありがちなゲームと斬新なアイディアによって作られたけどそれほど面白くないゲームがあったとする。
 この場合売れるのは基本的に後者である。何故ならゲームがブレイクするのに必要なもので一番重要なのは「話題性」というヤツだからである。単に「~は面白かった。」と言っても何が面白いか、ということを説明するのは難しいのである。「面白い」という感情は基本的に主観的なものであって、客観的に説明しようとしてもそれが「なぜ面白いか」ということを相手に伝えるのは難しい。しかし、後者のタイプのゲームの場合、とりあえず「~がすげーんだよ!」といえば相手は「へー、~がすごいんだ、やってみようかな」という気分になるわけだ。そしてゲームをした後もたとえそれがそれほど面白くなかったとしても「~がすごかった」という感情が残りそれをまた他の人に伝えていく、という連鎖が起こるわけだ。
 昔は基本的に全てのゲームが斬新であった。しかし今となっては、新ジャンルを一から切り開くことは基本的に不可能といっていい状況である。かといって昔からあるパターンに沿って面白いゲームを作ったとしてもそれは「~のパクリだろ」という意見によってつぶされてしまう。そこで現状のテンプレートに沿いつつもそれを感じさせない「何か」をゲームに盛り込まなくてはならない。基本的にこの「何か」というものは「面白さ」を必要とせず、「意外性」というものが重視される。これのないゲームは、内容を吟味される以前に、発売することすら難しい。
 しかし、このパターンが当てはまらない状況が二つある。一つはそのゲームが「シリーズもの」である場合である。シリーズものは前述した「何か」を必要とせずそのゲームが面白いか否かというだけで評価されることが出来るのである。これは「シリーズ」という言葉自体が話題性を持つものであるからだ。ぶっちゃけた話が前作の世界観で何かやってくれればそれだけで面白いというファン補正もある。というか二次創作に近いかもしれない。
 そしてもう一つのこのパターンが当てはまらない状況というのが「そのゲームがエロゲである場合」である。エロゲ業界は一部を除けばまぁゲームというよりは小説に近いわけだが形骸化され使い古されたストーリーであってもその作品が面白ければバリバリ売れる懐の深さを持っている。さらにこの業界は、「話題性」のレベルもそれほど必要とされず「とりあえずロボ出してみました」とか「とりあえずバトルしてみました」とか「とりあえず残酷描写いれてみました」とか「とりあえず記述トリック入れてみました」程度で飛ぶように売れるのである。というかよく考えたら基本的に「出せば売れる」んだよねこの業界・・・。ラノベ業界にも似たような風潮はあるけど。というか一般に話題にするもんじゃないから社会的な評判気にせずに自分の感じたままで評価できるってのはあるかもしれん。
 まー何がいいたいかというと一般業界はもっと普通のゲーム出してもいいんじゃないでしょうかということとシリーズものだからってつまんねーくせに売れてんじゃねーよksgということとエロゲ業界は・・・・・あー、まぁ・・・とりあえずすげーってことで。

まとめるととりあえず大神がやりたいのですよ俺は。(まとまってねぇ)
いや某サイト曰く「名作過ぎて困る」ということらしいのだ。
こういう具体性のない評価は俺は信用できると思うのだよ、うん。

いやまぁ面白いものは面白い。それでいいじゃん。理由つけなくて。って俺はいいたかったの。
[PR]
by ecosmile | 2006-04-23 14:29 | その他

ウッヒョー

俺じゃないもんねー、俺じゃないもんねーっだ。
[PR]
by ecosmile | 2006-04-22 03:00 | その他

ばんばんばー

みんな空投げ使わないから空中飛び込みリクォイルが超安定です。本当にありがとうございました。

ちょっと帰りに電車で考えた一般的なアニメの二種類の視聴方法について語ろうかと思ったけどいまいちまとまらないのでまた今度。他にも時代の推移とともに変わるゲーム開発の技術と面白さとコンセプトの関係の話とかも考えたてたけど長くなりそうなのでまた今度。

なんかこーなかなか面白い考えが浮かびまくってる最近であった。
でも書くとなるとめんどくさいのであった。ダメじゃん。

ところでとある調査によるとblogを開設してから更新が3ヶ月以内に止まるのが45%らしいです。意外にも世間にはものぐさな人が多いのですね。でも書くのがめんどいからって無理してどうでもいいこと書かなくていいです。俺とか!


・・・・・・・・・最近なんとなく好戦的かもしれない。
[PR]
by ecosmile | 2006-04-20 13:13 | その他

中段見てから屈ガードが流行り。

気がつくと郁美しか使ってません。ザクザク刻むぜ。

とりあえず使い始めた初期は何このスピードキャラって感じでぶんぶん特攻してやたらカウンター食らって死にまくる。
そのうちにコマ投げの存在を発見し投げキャラと変貌する。俺の固め投げにリバサ投げを食らうがいい!それなんてザンギエフ。
そして意外に固めが強いことが判明しラッシュをかけまくりつつ隙を見て投げるキャラになる。

うはwwwwwww楽しすぎるwwwwwwwwwww

というわけでみんなもいくみんを使いましょう。ブラッドゲージが溜まらなくても泣かない。
宴がヒットしたときのあの快感はこいつでしか味わえない。そして壁際宴でブラッドゲージMAX、暴走発動でテンションはMAX、さらに調子に乗って暴走切れてブラッドゲージ0。本当に(反撃)ありがとうございました。
c0046653_1583160.jpg

↑とどめに絆という名の剣が入ると無茶苦茶かっこいいですがぶっぱ狙いすぎて身内にはそろそろバレバレになってきてます。俺が離れてスクワット始めたら絆準備の印です。コマンドは214214214強ですから。
[PR]
by ecosmile | 2006-04-18 01:59 | その他

勝てないからhirobeeっていうんですよ・・・・

どうも、EFZやりまくってます。美汐と名雪(起)あたりを適当に使ってます。

c0046653_1420129.jpg

このロード画面が出るとちょっと得した気分になったりならなかったりする俺は先輩大好きっ子。でも使わない。

幻獣天狐招来のコマンドが未だに中中2強弱なのか中2中強弱なのかよくわかりません。
あまりにも出なくて適当に押すとよく出る。肝心なときには出ない。これは格ゲーの真理だと思う。

まぁ何が言いたいかというと更新する気は起きないけどカレンダーが進んでるのが気に食わないのですっげー適当にお茶濁しとくかってことですよ。

にしてもモーションのパロネタが多いなぁ。とりあえず俺がわかった範囲だとGG、サムスピ、ヴァンパイアハンター、KOFあたり。
モーション以外でも一歩とかうしおととらとかデモベとかもう何でもありって感じで元ネタ知ってるとニヤニヤできて楽しいですよ。


これだけじゃ俺のイタイ独り言だから適当にリンク
バイト先の女をどさくさにまぎれて「フリーザさん」と呼んでみた
どうみてもどさくさにまぎれてません。本当にry
[PR]
by ecosmile | 2006-04-16 14:37 | その他




基本的に読む人のこととか考えてないよ?
by ecosmile
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
Arcadia
黒いなにか・・・何か
ブルーベリー日和
清く正しくエロティック
気まぐれ@RO
三太夫亭
六畳間とゲームと私


「(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED.」

「このページで使用している画像は株式会社ハドソンの著作物です。
配布や再掲載等、株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」

  (C)2004-2007 Dex Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社デックスエンタテインメントに帰属します。
  許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

このサイトはリンクフリ(以下略)
リンクを貼れるもんなら貼ってみな!ただしみつけたら即貼りかえしてやる!覚悟してくれるとうれしいな・・・なんて・・・いややっぱり嫌ならいいんだ・・・(誰
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧