カテゴリ
全体
スグリ
MoE
ワラゲ講座。
その他

未分類
以前の記事
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ


<   2006年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ktのほう

ぎょーむれんらく。今日俺の普段使ってるほうのPCのメールアドレスにメール送った人、アカウントなくなっちゃったから届いてないわ。どれでもいいから俺の別のアドレスのほうに送りなおしてね。

ところで今この界隈でノベルゲーム製作ブームなんでみんなで各自作ってみようという流れが。
締め切りの目安は来週末あたり?
使用言語、ソフトは無制限。

特にこだわりはないので適当につくってきてくだちぃ。
あんまり大作作られても困るけど。
[PR]
by ecosmile | 2006-05-31 23:51 | その他

久々にワry

1のクオリティに感動した

特に122からの流れにフイタ。

どうでもいいけどシュリュズベリイとハヅキでご飯三倍はいける。大塚明夫は反則だって!
まぁ肝心なときに燃料切れまくりだけどnry
[PR]
by ecosmile | 2006-05-31 02:58 | その他

マイナーだからこそ、宣伝するのさ。

何気なく本屋行ったら出ると思ってなかった本が出てると嬉しいよね。
家に帰ってきて調べたら今日発売日だったとかもっと嬉しいよね。

とゆーわけで、学校の階段二巻買ってきた。読んだ。今回も熱かった!
ファミ通文庫は発売日ノーマークなだけに本当平積みされてるの見たときはびびった。思わずドキドキしながら手にとってた。1巻完結だと思ってただけにびっくり。
知らない人のために説明すると学校の階段は今年の第七回えんため大賞受賞作品で萌え系の表紙とは裏腹にバリバリに熱血ものの熱い話なのだ。
ストーリーは主人公が無理矢理階段部という生徒会非公認の謎な部に無理矢理仮入部させられたところから始まる・・・・。
最初こそ嫌々だった主人公だが階段を昇り廊下を走り窓から飛び降り人ごみを抜け最短記録を更新する、そんな階段部にだんだんと惹かれていく。
しかし「廊下は走ってはいけません」の言葉により生徒会、教師、周りの生徒からは迫害される階段部。バケツを投げつけられても、家族に白い目で見られても、それでも俺たちは走らずにはいられないのさ!フォーー!

そんな話。
いや俺も中学の頃陸上部で校内走ってたけど音楽室前のヘアピンカーブでいかにインをとってそこから一気に階段を飛び降りるかとかいうことに無駄に情熱を傾けてたし校内を走る、という行為に惹かれる気持ちはすごいわかる。なんかこう、理由はないけど盛り上がるんだよな、校内走行。

とりあえず二巻、一巻に比べるとレースがメインじゃなくてショット(階段の下から上まで上りまた降りてくるレース)一回、ラリー(決められた三箇所のチェックポイントと階段の上り下り回数のみ決められておりコースは自由のレース)一回しかなくて(一巻だとショット三回、ラリー三回、スタンダード二回くらいづつあった)ちょい勢いが足りない感じがしたのと二年生二人の出番が少なかったのがちょっと不満だけど階段部誕生秘話みたいな感じだったし今回も筋肉研究部大活躍だし長ランに昇り龍、木刀所持のあの人も大活躍だし新人作家だし三巻に期待といった感じだろーか。


「まだだっ。まだまだ!俺の大腿四頭筋は、俺の腓腹筋は、全然満足してないぞ」
「ナイスバルク!ナイスカット!俺に、俺に大腿四頭筋をお願いしますっ」
屈んだまま動けなくなっていた男が叫ぶ。坊主頭は愛しい部員の懇願を快く聞き入れた。彼の真正面に立ち、両手を己の首に回す。腹直筋と大腿四頭筋が猛り狂った。
「受け取れ!俺の、アドミナブル・アンド・サイだっ」
「最高!最高です!キレまくってます!」
感涙とともに、屈んでいた部員の下腿三頭筋も覚醒する。今、彼は新たな段階へと進化を遂げた。


ちょっとだけ二巻の筋肉研究部の活躍を抜粋。
・・・・やっぱ学校の階段で一番熱い男達は筋肉研究部だよな・・・
とりえーずなんかキャラ多すぎて話が薄い感じもするんだけどなぜか面白いオススメ作品。
興味持ったら読んでみてね。


あと例のアレ関係

現在564,555円
いくら祭りで盛り上がってるからって56万出すか普通・・・・
[PR]
by ecosmile | 2006-05-29 23:30 | その他

サンタが・・・

とりあえずDC2コンプ。
王様ゲームのシナリオを埋めるのが地獄だった・・・・。

感想としては1が好きな人ならやって損ないと思う。
久々に良質の萌え鬱ゲーでしたよ。サーカスも捨てたもんじゃねぇな。
とりあえずDC2PCはまだですか(ぇ
[PR]
by ecosmile | 2006-05-28 23:21 | その他

バナナ(笑)

とりあえずDC2、全く期待してなかったけどいい意味で裏切られていまんとこなかなか面白いっす。

しかし1でたの2002年かぁ。時代は進むもんだなァ。
多分あの頃やったときは無茶苦茶楽しめたんだろうけどどうにも時代の流れと曲芸商法と信者のおかげでマイナスイメージが高まってたようだ。

まぁ無茶苦茶普通のゲームで特に語るべきこともないんだけど設定としては前作の53年後っつーことで出てくるキャラは前作の孫世代。いろいろと1やってた人ならかなり楽しめるネタが満載。最初のほうとかもはやパロディを通り越してパラレル。あぁ懐かしいっ、懐かしいぞ畜生っ!
マジで2002年に戻ったかのような気持ちになれる懐かしさ。続編ってのは素晴らしいなぁ。
やっぱサーカスは俺の原点なのかっ・・・・。

問題を挙げるならシステム面。コンフィグをもうちょい充実させて欲しかったなー。
[PR]
by ecosmile | 2006-05-27 02:07 | その他

あぁあぁあぁっ

今日はカラオケでした。やけにシャウトと早口言葉が多かった気が(笑)

そんなことより某ネトラジにゲストで来てた曲芸の広報の話聞いてたらダメーポ2が気になって仕方がない。
まぁ予想だとたいしたことないんだろうけど発売日が近づくとこうなんとも気になる俺はばりばりダメーポ世代。

まぁ明日中古屋でも帰りに見てくるか。
[PR]
by ecosmile | 2006-05-25 23:44 | その他

やりたくなるなる

「「ハリーポッターと謎のプリンス」ってタイトル婦女子向けのホモ小説っぽいよな。」

って話を今まで5人にしたんだが全員がいや、その理屈はおかしいとかいってきた。
誰かに同意を得たいところだ。

まぁそんなことはともかくここ数日そーいや一発ゴレ余裕だなとか思ってずーっとケオゲート待ちしてたんだけどついにケオゲート開いたので行ってきた
c0046653_3214880.jpg

一匹目にパラってスマったらクリっていきなり取れた。ダメージは1900くらい出てたとおもふ。
このタイトルつけて街歩くと俺TUEEEっぽくていいよね(何

んでまぁ暇だったので適当にゴレを数十匹ほど倒した後飽きたので
c0046653_3261782.jpg

お約束ということでミル。クリランクあげてクリでたら普通に倒せるような気もする。
というかケオ島ゴレ軽く捌けるようなら結構うまいかった。経験値1200か。

恒例の面白発言
c0046653_3284847.jpg

いうまでもない、じゃねーよwwwwwwww
[PR]
by ecosmile | 2006-05-24 03:34 | その他

画伯

これはひどい


歌のお姉さんは天才だ。
[PR]
by ecosmile | 2006-05-23 00:06 | その他

認めたくないものだな・・・

c0046653_20572760.jpg

人間というのは自分の理解できない状況に陥った場合に自己防衛機能が働いて現実逃避をするらしいですよかっこわらい

まぁそんな楽しい三太夫ネタはおいといてもうこのblogで4回くらい紹介してる気がする俺の愛するネット小説の和風Wizardry純情派の加筆分の覆痕の5話が更新されてた。
↓こっから本編ネタバレあり



覆痕は和風Wiz本編ではほとんど出番がなかったけど加筆分のトーナメントの話で一気に人気を上げた佐藤君の死後処理のお話。
1月24日だかのゴンドラ設置工事で佐藤君は死んじゃうんだけども遺族へ連絡を入れなくてはいけない。佐藤君は唯一の肉親である妹に探索所の事務局で普通のサラリーマンとして働いていたという嘘をついていたのでそこを残された事務責任者の徳永さん達がどうごまかすか、といった話。
和風Wizardry純情派の一番の面白さはあくまで現代日本で常識人がファンタジーしてるという徹底したリアリティにあると思う。現代日本で人が死ぬ、といったことの重さはもちろん金銭関係のトラブルや商社同士の取引、人間関係やらスポーツ工学やら整体力学といったまぁマニアックなところまでリアルさを追求している。その辺から生まれる妙な説得感が面白さのキモだろうと思う。ファンタジーなのにコンビニの流通システムの解説とかしてたり。あと本編の話だけど登場キャラの死亡確率が決まっていて一話ごとに死ぬかどうかの判定がされているというのも面白い。書き手にさえ展開が読めないってのがリアリティをさらに増している。つーか最終話までに主人公が死ぬ確立が5割ってのはどうかと。結局生き残ったけどw

まぁ何がいいたいかというとやっぱり和風Wizは素晴らしいのでみんな読もうな、ということだ。
読もうな、といってももう書籍版売ってないんだけど。ネットで読むか望み薄いけど商業出版されるのを待つかしてください。あるいは俺に借りるか。でも書籍版よりやっぱり日記形式のWeb版で読んだほうが面白いと個人的に思う。

あと今月刊REXで連載してる和風Wiz漫画版は面白いっちゃぁ面白いけど本編読んでない人にとってはさっぱり意味不明漫画になってると思うんだ・・・。
漫画としてつまらなくなるとは思うけど原作のようにリアリティ追求してせめて戦闘時にヘルメットくらいつけて欲しかったのう。
[PR]
by ecosmile | 2006-05-22 21:31 | その他

電車の中で思いついた

三太夫でロリコン一位を目指すうわなにをするきさm
[PR]
by ecosmile | 2006-05-20 23:38 | その他




基本的に読む人のこととか考えてないよ?
by ecosmile
リンク
Arcadia
黒いなにか・・・何か
ブルーベリー日和
清く正しくエロティック
気まぐれ@RO
三太夫亭
六畳間とゲームと私


「(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED.」

「このページで使用している画像は株式会社ハドソンの著作物です。
配布や再掲載等、株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」

  (C)2004-2007 Dex Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社デックスエンタテインメントに帰属します。
  許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

このサイトはリンクフリ(以下略)
リンクを貼れるもんなら貼ってみな!ただしみつけたら即貼りかえしてやる!覚悟してくれるとうれしいな・・・なんて・・・いややっぱり嫌ならいいんだ・・・(誰
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧